グレアセ Logo




帰 り花


作詞…喨介
作曲…喨介



ふわり粉雪舞う
暮れの家路  枯れ木立
「次の季節はさよならだね」と
君がふとこぼして

白い息にあずけた胸の内…。おさえきれず…。
残された時は僅かと知りながら咲かせた
帰り花

雪解けが告げる冬の終わりに
ほろりほら、刻読みの雫

せめてあと少しだけ側に居てと
繋ぐ手 離すのが怖かった


やがて山茶花散り
最後の宵、月冴ゆる
駅に向かう足跡二つ
虚ろ気な瞳をしてた

夜行列車の汽笛が掻き消す
少しだけ照れ臭い台詞

意地悪に聞き返す君のこと
そっとくちづけて抱き寄せた


曇り硝子にぼやけ映る
遠く消えてく街明かりは……


雪解けの季節
三年ぶりのこの場所  偶然の再会

薬指  淡く輝やかせてた君は
あの日より綺麗だね

そして薄紅の花が咲く頃
季節はずれの粉雪舞う



Back